忍者ブログ

投資信託初心者のための投資信託入門



トップページ ≫  ≫ [PR]債券について ≫ 債券の信用リスクについて

[PR]






×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



>> 1万円からできる資産運用の秘密とは? <<



No.|CommentTrackback

債券の信用リスクについて








債券の種類には、国が発行する国債、地方公共団体が発行する地方債や、
政府機関系機関が発行する政府保証債、民間企業が発行する普通社債
などがございます。


そして、この債券を発行して資金調達を行っているところが破綻します
と、債券はただの紙切れになる恐れが生じます。


これが債券の信用リスクです。


仮に信用が低下したと判断されると、その債券は市場で売却されます。


債券価格は債券市場における需給バランスによって決まりますから、
売り手ばかりで買い手がつかない状況になりますと、債券価格はどん
どん値下がりしていきます。


これは金利が上がろうと下がろうと、関係なくおきます。


当然、債券価格が大幅に下落すれば、その分だけ満期時に受け取れる収益率
が大幅に上昇するため、リスク覚悟で買おうとする投資家も出てきます。


いずれにせよ、発行体の信用度の問題も、債券収益の投資収益には大きな
影響を及ぼします。


ちなみに債券の信用度は、格付け会社が公表している債券格付けによって
表されます。


信用格付けがトリプルB格以下の債券になると、機関投資家が社内規定など
で取引出来ないケースがあるため、市場での流動性は極めて低いです。


ですので、償還前に売却したくても、買い手が少ないために売れない、
あるいは価格がつかないという状況になることも考えられます。


最近は個人向け高利回り普通社債などに格付けの低い銘柄が増えていますが、
購入時に注意しておきたいポイントです。




サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、利用者さまが、いかなる
損害を受けた場合も、当方では一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

金融が分かる!!金融入門トップへ
PR


>> 1万円からできる資産運用の秘密とは? <<



No.10|債券についてComment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Write
Name
Title
Mail
URL

Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :