忍者ブログ

投資信託初心者のための投資信託入門



トップページ ≫  ≫ [PR]その他 ≫ 株式市場の動向に注意

[PR]






×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



>> 1万円からできる資産運用の秘密とは? <<



No.|CommentTrackback

株式市場の動向に注意








FRBは先週のFOMCにて、FF金利の誘導目標を0.50%利下げ
することを決定し、これによりFF金利は3%となりました。



緊急利下げ時には0.75%利下げされたことから、わずか1週間
程度の間でで1.25%も利下げされるという非常事態にあります。



サブプライムローン問題に端を発した景気後退懸念に歯止めを
かけることを目的とされているのですが、肝心のサブプライムロ
ーン問題が一向に解決される兆しがありません。


むしろ深刻化している気配すら漂っております。


話を、FOMCに戻しますと、金融機関に向けた優遇貸し出し金利
である公定歩合につきましても0.50%利下げされました。



この結果3.50%に達することとなったわけですが、FF金利が3%
になるのは、05年以来のことです。



昨夏、突如として米サブプライムローン問題が顕在化したことに
よって世界同時株安となり、こうした金融市場の混乱を受けてFRB
は、昨年9月に金融緩和に転じることとなりました。


それから、半年も経たない内に2.25%も利下げされております。


いかに今現在、苦しい状態にあるかを如実に示しているわけですが、
くり返しになりますが、直接的にサブプライムローン問題を解決する
政策なり対策は発表されておりません。



モノラインの救済策も、サブプライム関連の商品の評価を下げるこ
とを抑えることにはなると思いますが、サブプライム問題を抜本的
に解決することにはつながらないように思います。



こうしたことから、今後も米金融大手の評価損は膨らみ続けること
になることが予想され、残念ながらドル売り、ドル資産売りが進む
ことは避けられそうにありません。


長期的なスタンスにたった投資は控えるべきだと思います。




応援クリックのほど宜しくお願いします。

FC2 ブログランキングへ

人気blogランキングへ



サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、
一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

金融が分かる資産運用入門トップへ
PR


>> 1万円からできる資産運用の秘密とは? <<



No.79|その他Comment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Write
Name
Title
Mail
URL

Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :