忍者ブログ

投資信託初心者のための投資信託入門



トップページ ≫  ≫ [PR]その他 ≫ 国内外で金融市場の再編進む

[PR]






×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



>> 1万円からできる資産運用の秘密とは? <<



No.|CommentTrackback

国内外で金融市場の再編進む








【金融が分かる資産運用入門】



金融庁が昨年末発表した金融・資本市場競争力強化プランとは、
具体的には、ETF(上場投資信託)を多様化することと、各金融商
品を取り扱う取引所の強化の2つがあります。



まず、金融商品取引所と商品取引所の相互乗り入れを可能とし、
これにより株式、債券、デリバティブ、商品などを一つの取引所
で売買できるようになります。



また、市場参加者をプロに限定した市場の創設などが想定され
ており、こうした背景には、今現在、国際的な市場間競争が激
化していることがあげられます。


両方とも、08年度中の実施をメドに検討されております。


また、海外の取引所では劇的に再編が進んでいることから、
国内の取引所の存在感が年々低下しております。



欧米の市場だけでなく、シンガポールをはじめとしたアジア
市場に水をあけられようとしております。



このため、個人投資家の拡大がここ数年進んでいない上に、
海外投資家の日本市場離れが顕著になっております。



国内の取引所も、ただ指をくわえて眺めているわけではなく、
新興市場では昨年、ジャスダックと大証の新興市場、ヘラク
レスとの統合に向け協議がおこなわれております。



新興市場が増えすぎたことが問題となっており、東証マザーズ、
大証ヘラクレス、ジャスダック、名証セントレックスなど、ジャ
スダックNEOを含め、7つの新興市場が運営されております。



市場の規模を考えれば、2市場が統合されれることで、個人投資家
や、外国人投資家にも参加しやすい新市場誕生が期待できます。



金融市場の再編に関して競争がさらに激化することが予想されて
いるだけに今のうちしっかりと足固めを行なう必要があります。




応援クリックのほど宜しくお願いします。

FC2 ブログランキングへ

人気blogランキングへ



サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、
一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

金融が分かる資産運用入門トップへ
PR


>> 1万円からできる資産運用の秘密とは? <<



No.72|その他Comment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Write
Name
Title
Mail
URL

Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :