忍者ブログ

投資信託初心者のための投資信託入門



トップページ ≫  ≫ [PR]債券について ≫ 債券投資家の受難の年

[PR]






×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



>> 1万円からできる資産運用の秘密とは? <<



No.|CommentTrackback

債券投資家の受難の年








【金融が分かる資産運用入門】


債券を中心に投資されている方にとって、あまり耳にしたくない事実かもしれ
ませんが、ロイターの記事によりますと2007年上期は受難の時期とされて
おり、また、下期の見通しも決して明るくはないもようです。



投資銀行シティがさまざまな政府債リターンの指数を基に発表したデータでは、
1─6月期は幅広く損失が出たことが明かになりました。



ちなみにユーロ圏の11カ国を含む26カ国のうち、自国通貨建てでリターンが
プラスとなったのは、たった6カ国しかございません。



以下、主要国の上京となっております。


米 国 1.0%(小幅プラス)

日 本 0.34%(マイナス)

ユーロ 1.72%(マイナス)

英 国 3.55%(マイナス)



米10年物国債利回りは6月末現在、年初から32.4ベーシスポイント(bp)
高く、ユーロ圏10年物政府債は59.6bp上昇、英10年物国債は72.9bp
上昇することとなりました。


そんな中、米国でも目先の利下げ可能性が後退したことから、利上げを
予想する声も聞かれはじめたようです。


債券投資家にとって救いとされているのは、リスクとされ、懸念させる
ようなイベントが、利回り上昇を抑制するとされております。



債券のパフォーマンスが好例としあげられております。


また、今後、好転になる要因として世界の株式市場が失速したり、企業
の収益が伸び悩むような状況になることで、高利回りが魅力的に映る
ケースも出てくる可能性があるとしております。



応援クリックのほど宜しくお願いします。

FC2 ブログランキングへ

人気blogランキングへ



【引用もとの記事】

ロイター

『債券投資家の受難、今年下期も続く見通し』


サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、利用者さまが、いかなる
損害を受けた場合も、当方では一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

金融が分かる資産運用入門トップへ
PR


>> 1万円からできる資産運用の秘密とは? <<



No.35|債券についてComment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Write
Name
Title
Mail
URL

Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :