忍者ブログ

投資信託初心者のための投資信託入門



トップページ ≫  ≫ [PR]お金について ≫ お金の仕組みについて

[PR]






×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



>> 1万円からできる資産運用の秘密とは? <<



No.|CommentTrackback

お金の仕組みについて







私達の生活の中で、お金はとても重要な働きをしております。


今現在、お金の中で最も代表的なものといえば紙幣硬貨による現金ですが、
現金以外にも、クレジットカードや、プリペイドカード、さらにEdySuica
といった電子マネーというお金も次第に普及しつつあります。


ですので、最近では現金を使う機会が以前と比べると、格段と減っていますが、
それでも我々の生活の中においては、いまだに硬貨や紙幣といった現金は大きな
役割を担っております。


いくらカード時代といっても、財布を持ち歩かない人はまだ少ないように思います。
財布に現金があまりなく、買物先で、お金が足りなくなるといった状態に陥っても、



銀行や、コンビニに設置してあるATMを利用すれば、預貯金から現金を引き出す事
も、いまではほぼ、24時間可能となっております。


これらを可能にするのが金融の役割なのですが、では、金融という言葉の意味は
といいいますと、お金を融通しあうという意味なのです。


そのお金の象徴でもある現金通貨を見ながら、お金の役割を改めて考えてみたい
と思います。外出時に財布に現金を入れて持ち歩くのは、お金に示されている価値
を有効につかうためなのです。


例えば、新しいジャケットを買いに行ったとします。


そこで、10000円で、すごくカッコいいジャケットを見つけたので、迷わず
10000円だして、購入しました。


このとき、10000円という価値をもつ10000円札と同じ価値があると判断される
ものを交換するということになります。


それでは、いったい誰がこのジャケットに10000円という価値を与えているの
でしょうか?だれかがお金に表示されたた価値があることを認めている事で、
その表示された金額のものと交換出来る仕組みとなっているからなのです。


これは非常に便利なシステムです。お金の持つ大きな役割の一つであります。

上述した通り、お金の役割には、このように財と交換することができること、
さらには、銀行等に預ける事により、お金を価値を保存出きること、そして
最後に、ものの価値を測る事ができると、3つの役割を持っているのです。


それでは、先の疑問に戻って考えてみたいとも思います。


誰が、そのお金の価値を保証しているのでしょうか?もし、だれもお金の価値を
保証してくれなれば、お金はただの紙切れになってしまいます。


もし、今手元におl金があるのなら、よく見てみましょう。紙幣には日本銀行と
いう文字が印刷されています。これは、どういう意味かといいますと、紙幣の
保証をしている事を表します。


こういった関係を一つ一つ解きほぐすことによって、お金の役割とともに、
お金を発行する権利を所有することの重要なといったものも理解出来るはずです。




サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、利用者さまが、
いかなる損害を受けた場合も、当方では一切の責任を負いませんので
予めご了承下さい。

金融が分かる!!金融入門トップへ
PR


>> 1万円からできる資産運用の秘密とは? <<



No.1|お金についてComment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Write
Name
Title
Mail
URL

Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :